いい式でした

前日から実家に泊まりこんで備えた、弟の結婚式

当日は、前日のどんよりした寒い一日がウソのように、快晴!でした。


私はと言えば、実家に向かう電車では爆睡。

スピーチはこの時点でも完成しえず。

実家に帰りついたら、翌日の着物の準備と、両親とのおしゃべりでそれどころじゃない感じ。あっという間に夜中も1時になってる!

もう、こりゃきっちり文章にするのは無理だ!と諦めて、箇条書きで言いたいことを書き出しました。



・皆さんにお礼
・二人にお祝い
・女の子みたいだった幼少期
・小さい頃の夢は
・いつの頃からかなくなった兄弟喧嘩
・フランス単身修行
・相手を信じて
・人との縁を大事に



こんな箇条書きでした。


実際に、マイクの前に立つとこんな箇条書き飛んでしまいました。

ずっと守るべき存在だった弟が、いつしか男っぽくなって教えられることも増えて・・・

そんなことを話しました。

最後は、いい言葉を贈ってやろう!と思っていたけど、色々考えていた1/3の言葉。

自分を選んでくれた相手を信じて。
相手を選んだ自分を信じて。
そしてお互いのために、自分が自分を信じられる状態でいること。



これは、私自信がまだ短い結婚生活で思うこと。
これさえあれば、山も谷も越えていけるはず!





・・・最後の挨拶で締めて、マイクを離れて一目散にダンナサマの顔だけみて、その隣の席へ。
気がつくと、手に握り締めていた箇条書きのメモは、一度も開きませんでした(^^ゞ !!。

びっくりです。緊張していたんだなぁ・・・。




「いいスピーチだったよ」

ダンナサマのその一言で、ほっと一安心。

急におしゃべりになって、急におなかが空いて(^-^)。




多少は花を添えられたかな?

ま、「よし」としましょう。





画像


既婚者なのに、振袖を着てしまいました。
まだ子供がいないから許して!と親戚には笑って伝えて(笑)。
もったいないですものね!でもきっとこれが最後です。
(左から、うちのダンナサマ、父、弟、お嫁さん、母、私)




本当にアットホームな「会食」感覚の披露宴でしたから、弟は自分で司会もしたような感じ。いつも声の小さい弟が、要所要所で張りのある声で、礼節をわきまえて言葉を繋ぐのをみて、本当に安心しました。

数ヶ月前にアドバイスを求められて、私たち夫婦が力説したのは、

「なんの為の結婚式か?」

ということ。

「<祝ってくれよ>と屏風の前に鎮座するのが、結婚式?」 
「お客様が祝う人、自分たちが祝われる人?」

そうじゃない。

「お客様に披露させてもらう場所」

感謝を伝え、今後の宣言をする場所」

「神に誓うより、いままでお世話になってきた人に誓うほうがリアルでしょ?」

そんなようなことを言いました。






彼は彼なりに、そうしたことをよくよく考えたんだな。

それが感じられる式でした。


よくやったぞ!おとうとよ!

姉ちゃんは感動した!

そんな感じです。


画像


弟が自分で作ったお菓子です。
お客様に配って歩きました。
私の式にも手作りしてくれたんです。



親戚や友人たちも、くつろいで楽しんでいた様子。

本当に、予想以上に(!)いい式でした。







最後の最後、会場を後にするお客様に挨拶をしますよね。

うちのダンナサマが弟に言った言葉を聞いて、またジーンとしました。

男性にとっての「結婚式」は、女性とは違う感覚でしょうから、きっと男同士しかわからないものがあるでしょう。

その上で、

「よくやり遂げたね。いい式だったよ」


と。




まだまだスタートラインにたっただけですが、きっときっと大丈夫!


私も、改めて教わった気がします。


少しでもお手本になるように、がんばらなくては!


また気持ちを新たにしたcloverでした。









「ブログ村」のランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ










"いい式でした" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント