形見の品



今年の九月に、父方の祖母がなくなった 



同居はしていなかったけれど、

親戚・家族の繋がりが強い、実家では、本当に

小さい頃からお世話になった。



葉子ババは、実家の父の2番目のお母さんだったからか、

我が家の人間とはいえ、なんとなく周りと雰囲気が違って

いるように感じていた。

理知的で、感情より頭脳派で、私がまだ学生のころには、

昼間にテレビ東京で株の番組を見ていたりした 




「資産」とか「運用」なんて、

葉子ババから聞いたのが初めてだったかもしれない 



成人式間近には、

私にとってはじめての海外旅行に連れていってくれた。

シンガポールの街は、私にとってはじめての外国。

あんな経験をさせてくれたことも、ずっと感謝していた。







いつも新鮮な驚きをくれた。

葉子ババとも、もう話すことはできない。




もっとああしていたら、入院中に会いに行っておけば。

考えることはたくさんある。後悔していると言いたいこともある。

でも、口には出さない。

出しても仕方ないもの。

本人に向かって取り返すチャンスは二度とないんだもの。




どう活かすか。

与えられたものを、自分の人生にどう活かすか。それしかない。





だんだん、親戚と会うのも法事の席が多くなる。

どんどん、世代交代が進んでいく。

担う世代として、大人として、

どう生きるか。どう振舞うか。どうしたいか。





増えていく、多くの恩人の方々の形見を見ながら、

師走の夜に考える。



葉子ババの形見












みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック