これも幸せ

自動車業界の決定にしたがって(つまり勤務先に決定にしたがって)、

7月から木・金休みになっている。


完全にダンナサマとは休日がすれ違ってしまう生活になったけれど、

きちんと話をしてくれて、協力しあって、思ったよりはずっと

問題なく過ごしている


もちろん「9月までの我慢」と言い聞かせなければ、

とても乗り越えられないとも思うけれど・・・



そんなわけで、今日も一人でのんびり過ごしていた。

合間合間に、本屋にもいったし、買い物にも行ったし、

ブックオフにいらなくなった本の買取依頼もした。

修理に出しているプリンターの状況確認に、

給与の振込口座変更の事務手続き、銀行での入出金、

なぜか突然壊れた炊飯器の修理依頼と雑多なことも済ませた。


それでも、今日の私の時間の過ごし方を円グラフにしたら、

「本を読んでいた」という時間が一番面積が広くなるだろう




一日、のんびり本を読んでいる時間が、この上なく幸せだ 



そう友人に話したら、「あれ?cloverはダンナサマといるのが至極の幸せでしょ?」

と言われた。


それはそのとおりだけど、一緒に居ない時間だって、同じこと。

読んだ本の感想を、帰ってきたダンナサマに聞かせようと思うこともある。

読んだ本から派生して考えたことを話したら、彼はなんというだろう?と

思うのも幸せなこと。

そういう相手がいることの幸せ。

その場に一緒にいなくても、感じられることの幸せ。

そして、純粋に本から得る知識、得られる空気感の幸せ。

いろんな幸せがある。  ベランダガーデニング110722-2





もちろん、考えたとおりに彼に話ができるかどうかは、

別問題だ。

それこそ、相手があることだから、「今日はどうだった?」と帰宅後の彼に私が聞いて、

そこから膨大な話が始まれば、それがメインディッシュで、それだけでお腹いっぱいに

なることもある。

顔を見て、考えていたことと全然違う話をしてしまうことだってある。




でも、間違えがないのは、相手のいる幸せだ。

帰ってきてくれる人のいる幸せ。 ベランダガーデニング110722-1
 

孤独に強いと思っていた自分は、ここ数年ナリを潜めている。

あ、こんなにも人恋しくなる自分がいたのかと、感じることもある。



そして、同時に、それを満たしてくれる相手に対して、

感謝の表し方を学んでいる今日このごろです 






真夏のベランダは賑やかです。  ベランダガーデニング110722-3



毎年恒例の(今年は流行りの)グリーンカーテン(我が家は朝顔)も順調です。








みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像