食料自給率

「食料も戦略的資源」中国、アフリカ進出に本腰
2010年8月15日(日)11:32 読売新聞


中国がアフリカと農業分野での連携強化に本腰を入れ始めた。

 これまで中国は原油など資源分野でアフリカとの関係強化を図ってきたが、近年、頻発する異常気象で世界的に農業生産が不安定化する中、「十数億人の国民を食べさせる」ため、アフリカの未開の農地に積極的に乗り出す構えだ。

 中国共産党対外連絡部と農業省は11~12日、北京で「中国アフリカ農業協力フォーラム」を初めて開催した。ケニア、エジプト、エチオピアなど18か国の指導者や農業相らが参加。農産品の貿易拡大や農園整備などで一致した。

 中国が連携強化を進める背景には、世界的な食料生産の不安定化に伴う、食料不足への危機感がある。13億人を抱える中国は、経済発展と共に食生活も変化し、食料消費量は年々増加。新華社通信によると、中国の今年1~6月の穀物輸入量は昨年同期比で60・7%増となる248・4万トンとなり、純輸入量も昨年同期比2・2倍となった。

 一方、投機マネーが穀物市場に流入して食料高を引き起こすなど、食料生産・確保を巡る環境は複雑化している。農業担当の回良玉・副首相も12日、「十数億人の食事の問題を解決することは国家安定の最重要事項だ」と発言しており、社会不安につながりかねない食料不足への対応は共産党政権の重要課題となっている。

 実際、中国はスーダンなどから計約200万ヘクタールの農地を借り上げるなど、アフリカでの農地確保を着々と進めている。「新植民地主義」の批判を避けるため、中国は具体的内容を明かしていないが、欧米では、数年内に中国人農民100万人がアフリカで農業に従事するといった見方もある。

 今回のフォーラムには、欧米などが人権抑圧国として非難するスーダンやジンバブエも参加した。胡錦濤・国家主席は13日、ジンバブエのムガベ大統領と個別会談し、農業分野での連携強化で一致した。外交筋は「中国は食料も戦略的資源ととらえている。内政不干渉の原則を振りかざしながら、農業面でもアフリカに 貪欲 ( どんよく ) に乗り込んでいくだろう」と分析する。(読売新聞)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


日本の食糧自給率も低いんですよ。。。

中国の、このがむしゃらまでの政策は、お手本にしていいんじゃないかな?





農協や農政の場は、利権の巣窟といわれるけれど、

そんなこと言ってる場合じゃなくて、

郵政より、農政にメスをいれる政治家が現れないものかしら・・・








みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック