[Movie] アマルフィ 女神の報酬

アマルフィ 女神の報酬】 製作 2009年 / 125分

原作 真保 裕一
監督 西谷 弘 (容疑者Xの献身)
出演 織田裕二 佐藤浩市 天海祐希 戸田恵梨香



あらすじ
クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事実に行き当たる。




最近の邦画は、正直期待せずに観る癖がついてるんです。

今回のもそうでした。

でも見終わったら、「あ、なかなか観れたな」というのが第一声。

次に、「歌と景色が素晴らしい!」というほうが大きく出ました。




ストーリー、構成、主演の織田くんは、もう安心感を持って観れました。

原作が真保裕一ということもあって(彼の話の構成は信頼が持てる)、

「うんうん、よかったよ。」とうなずけた。



俳優人は、織田くん、佐藤浩市さんは、安心。

佐野史郎も問題なし。



戸田恵梨香が唯一心配だったんだけど。。。。

意外に、戸田恵梨香はOK。

「振り回されて、おっちょこちょいで、疲れてしまう」役は適任
でしたね。



チビノリダーと大塚さんは、居なくてもよかったね。



そして、天海祐希さんは、この役は適任とは言えなかった。

テレビドラマなどでみる、コミカルな役ははまってきていたのに。。。

たぶん、監督は娘を奪われる中でも、強くあsる母親のイメージで天海さんを

キャスティングしたんだろうけど、強さの中の弱さも表現しなければいけない役どころ。

張り詰めていた糸が切れて号泣するシーンで、「あ~、天海さんではなかったな。。。」

思ってしまった。

さばけたイメージが、私のなかで強すぎた結果かもしれませんが。。。







軽い謎かけと、邦画としてはスケールの大きい仕掛け、

そしてなにより、景色と音楽

娯楽映画としては合格点」

とまとめられるな。。。というところでしたが、景色と音楽が、

それをもう少し高いところまで押し上げてくれた感じです。





お話の内容だけを楽しむのが映画ではないと思っているので、

そういう意味では、オールイタリアロケをした、

古都の景色は、圧巻でした。


岩肌見える海岸線、透き通る海、歴史或る建造物、石畳。。。

どれもこれも、ビューティフル!




そして、もう一つは


「Time to say goodbye」を歌い、

自身も出演したソプラノ歌手「サラ・ブライトマン」の歌声!

やられました。体が震えるくらい感動した



この映画の全体を彼女の歌声が引き締めてくれたことは確かです。


さっそくCD借りてきちゃったよ 





娯楽映画」としては、いいレベルなので、お薦めします











にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像 












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック