[Movie] マジェスティック

[Movie] マジェスティック

原題:「THE MAJESTIC」 2001年製作 153分

監督:フランク・ダラボン
主演:ジム・キャリー、マーティン・ランドー、ローリー・ホールデン


あらすじ-----------------------------------------------------
1951年のハリウッド。
新進の脚本家ピーターはハリウッドデビューも果たし幸福な時を過ごしていた。
しかし、ふとした誤解から当時猛威をふるっていた赤狩りの標的となってしまう。
絶望したピーターは、当てのないまま車を走らせ、やがて橋の上で事故を起こして
川に転落する。
見知らぬ海岸に流れ着いたピーターは、通りかかった老人に助けられ、彼の
住む町ローソンへとやって来る。事故のショックで記憶をなくしていたピーター
だったが、町では第二次大戦に 出征し行方不明になった町の英雄ルークと
間違われ、大歓迎を受けるのだった……。
------------------------------------------------------------


あったかい映画だった



「ジム・キャリー」といえば、「怪役」「怪演」ぶりの印象が強く
ちょっと倦厭していた作品をようやく観ました。



思い込みとは恐ろしいもので、ジム・キャリーが顔を緑に塗っているわけでもないのに、
SFチックな、ポップな話だと思い込んでいた。
食わず嫌いは損をしますね。
本当のところは、間逆のお話でした。


いまひとつ味わえ切れなかったのが、赤狩りという社会的背景
私の実体験としてないものだし、また「自由の国」といわれるアメリカで、それが行われたという社会的衝撃を想像すると、きっともっと違った味わいのもあるのだろうと思う。
きっとアメリカ人が見たら、もう一段上の感動、もうワンランク上の衝撃があるんだろうなぁ。。。というのは、致し方ないことですね。


ともかく、監督が素敵な作品ばかり手がけている人だったことに、納得。

その事実を、全く知らずに観たのですが、経歴が結果を物語るということですね。。。
ハートフルな映画は、大好きです。

ジム・キャリーは、奇妙で、奇抜な役よりも、こうした役のほうが、持ち味だせている
気もしました。
実力派、演技派と呼ばれてもおかしくない力を持っていますね





みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 

画像 






映画を見ながら何を飲みます?
あったかいカフェオレ?中国茶?
いずれにしても、冷めないほうが嬉しいですよね。

   



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック