[Movie]最後の初恋


原題:「NIGHTS IN RODANTE」 2008年製作 97分

監督:ジョージ・C・ウルフ
主演:リチャード・ギア、ダイアン・レイン

あらすじ--------------------------------------
身勝手な夫や思春期の娘との関係を考え直すため、
ノースカロライナ州のローダンテという海辺の小さな街に
ある友人の宿を手伝いにきたエイドリアン(ダイアン
・レイン)だが、大きな嵐が来るという予報を聞く。
そこへ宿の唯一の客となるドクター・ポール(リチャード
・ギア)が到着するが、彼もまた心に問題を抱えていた。
---------------------------------------------



原作は「君に読む物語」の人気作家ニコラス・スパークス。



嵐が近づくノースカロライナ州の海辺の街を舞台に、運命的な出会いを果たす
中年の男女を描くラブロマンス。
『きみに読む物語』などで知られる人気作家ニコラス・スパークスの原作の世界を、
『コットンクラブ』『運命の女』などで共演歴のあるリチャード・ギアとダイアン・レインが
味わい深い演技で体現する。共演にはジェームズ・フランコ、スコット・グレン。
偶然が導いた一生を左右するほどの一大ロマンスに、引き込まれる・・・。



ストーリーは、ありがちな熟年カップルの恋

それでも、原作の力なのか?主演二人の演技力なのか?

ベタがベタになりすぎず、

「恋」だけにスポットを当てず

恋より愛にフォーカス

(しかも家族愛、父・息子、母・娘、自分を高めてくれる人間愛)

したことで、

飽きもせず、ともすれば感動さえして見れた作品。


一番は、ダイアン・レインの演技力!
先に紹介した青春映画「ストリート・オブ・ファイヤー」に
素晴らしいシンガー役で鋭い役を演じた彼女が、
数十年の時を素敵に重ねているのを感じた。

悲しみにくれる女、喜びに満ちた女、子を愛す女をしっかりと見せてくれた。
それが、この作品の全てであり、重要なエッセンスだ!






女性の縛り、、自由、情熱、愛(異性に、家族に)、

そういうものを、年齢相応の悲哀と歓びを

魅力的に演じてくれた。

女性は、コレを観ると、

年を重ねることに、プラスの思考をもつんじゃないかな?










リチャード・ギアとのコンビもピッタリだし、
宿で良いながら、缶や瓶を投げつけ、笑う
シーンは大好きだなぁ。。。







みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像 




最後の初恋
楽天ブックス
出演:リチャード・ギア(Richard Gere)/ダイアン・レイン(Diane Lane)/スコッ


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック