[Movie]ブルー・クラッシュ

原題:「BLUE CRUSH」 2002年製作 104分

監督:ジョン・ストックウェル
主演:ケイト・ボスワース、ミッシェル・ロドリゲス、サノー・レイク


あらすじ-------------------------------------------------------------------
ハワイのオアフ島ノースショア。そこはサーファー達の聖地。子どもの頃から天才サーファーと
呼ばれてきたアンは数週間後にここで開かれる世界最高峰の大会“パイプライン・マスターズ”
での優勝を目指し練習に励んでいた。しかし、以前サーフィン中に味わった大事故が原因で
未だその恐怖心を克服できずにいる。
そんな時、彼女はバイト先でフットボールのスター選手マットと知り合い恋に落ち、今までにない
経験に夢中になる。一方でサーフィンへの情熱が薄れていくアン。そんなアンを親友のエデンと
レナは歯がゆい思いで見ていた…。
--------------------------------------------------------------------------


夏にぴったりの映画。

シンプルはいたってシンプルだけど、必見は海、波、海中の映像の迫力だ


私はカナヅチでもないし、泳ぎが苦手でもないけど(クラスで上位には入る泳ぎはする)、
海は怖いと思っている人間

自然の大きさ、奥深さの全てがある「海」は、美しさを超えて、恐ろしく思うことが多いのです。

眺めているのは大好きな海も、入るのは(年々)抵抗がある・・・という私だからの感想かも
しれませんが、ご了承を。


あのハワイ・オアフの何十メートルという高さの波!
はじけ飛ぶボード、いつも簡単に海中に投げ出される人間。
その瞬間、海中で起こるトルネード


大きな波がドバーンと海面に崩れ落ちるたびに、
海中でどちらが上か下かわからないくらいにヒチャカチャにかき回される状況。。。

目がまわりそうです。

サーフィンの厳しさが持つ魅力が描かれています。

こうした迫力の映像で、さまざまな身に迫る「恐れ」を感じさせられると、

そこに向かっていくサーファーの
(しかも、この作品では、それが華奢な女の子なんだから尚更!)
勇気とひたむきさがクローズアップされます。

これらが一体となって、体を突き抜けていく感覚。おススメです









みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

今日は何の日?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
   
↑↑ いつも応援ありがとうございます\(^o^)/ ↑↑ 


画像 




【Best Collection】 ブルークラッシュ(DVD) ◆25%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2009/7/8■在庫状況:1~3日以内に発送致します(土日祝除く)★ 詳しい納期他、ご注


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のんのん
2009年08月22日 23:48
ブルークラッシュ、私も大好きです冷や汗
サーフィンにあこがれ、かじってたころ見ました

最後は圧巻、ドキドキハラハラトレードマークトレードマーク
ですね~
clover
2009年08月26日 09:21
☆のんのんさんへ
サーフィンに興味をもっていたんだ!スタイルのいいのんのんさんが波に乗ったら、さぞかし格好良いだろうなぁ。
自然に対するハラハラどきどきは、後味が良くていいよね!

この記事へのトラックバック