Switch Off ! 

アクセスカウンタ

zoom RSS [Movie] どこにでも潜むダークサイド

<<   作成日時 : 2008/02/06 13:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「STAR WARS」 発表年数、上映時間、出演者はシリーズ作品でそれぞれ


またまた変な癖で、流行に流されるのがイヤだった若かりし頃(笑)、観ないままに今日まで過ごしてしまった 「スターウォーズ」 

あまりに全世界で流行してしまったので、ストーリー性など露ほどもない映像技術に傾斜した、派手なSF映画だと思っていました。


それも、また間違いでした。

とても高揚感のある、それでいて切ないストーリー。
魅力あるキャラクターの数々。全世界での流行がうなずけます。
(ファンの方は、なにをいまさらという感じでしょうね・・・



スターウォーズを観て感じた一番のことは、この話はとても東洋思想的だなぁ。というものでした。


最近、私がはまっている「ロハスライフ」
そして、その中で新たに始めた「冷え取り生活」「環境学としての風水」

そこでは、何をするにも出てくる思想「陰陽の思想」。
食物にも陰陽があり、風土にも、病気にも、体温にも、陰陽がある。

このとき、この思想が示すものは、
陽が正しく、良いもので、陰が、誤りで悪いもの。
ということではありません。


必ず、陰の一側面として陽があり、陽の一側面として陰がある

陰陽は、対極でも、敵対でもなく、1つの中に同居するものなんです。



スターウォーズを観て、私が感じたのは、こういうことでした。

ジェダイの騎士である、若かりしころのルークの父がそうですね。
ジェダイであった者が、ダークサイドに落ちていく。
ジェダイであっても、ダークサイドに落ちる可能性があるということ。
その逆も真です。


この部分に、東洋の陰陽の思想を感じました。



隆盛を誇り、成功を収めていることが、保証された永続的なことではないということ。

逆に、悲観や、堕落や、孤独の中から、学ぶことで、成功に転じることもあるということ。

人のやることは、感情や環境や考え方一つで、明るいほうへも暗いほうへも、一気に進みます。



私にも、あなたにも、

心の中に、ジェダイが住み、

そして、同時にダークサイドからの誘いが常にある。




それを、自分でコントロールするための、日々の努力であり、

経験の積み重ね であり、周囲の人への感謝なんでしょう 




なんだか、映画評ではなくなってしまいましたが、

こんなことを考えさせてくれた、素晴らしい映画でした 

楽しいだけじゃない、こうした深みのある映画を子どもたちに勧めたいですね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
いつも応援のクリックありがとうございます!



画像


goo
 
team6%.gif

   
tikyuugou-bunner.gif
 



スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐



スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
アメタマさんの所から、飛んできました。くるぶしと申します。

SW、だいっっ好きなのであります。
(歳がバレますが)ルーク時代はリアルタイムで見ておりました。
その当時は「ハン・ソロ」大好きで。

当時は「特撮」が注目を浴びましたが、構成の仕方・ストーリー共に素晴らしい映画だと思います。
「エピソードT〜V」の物語の深まっていく所などは、感動ナシでは見られません。
深く愛するがゆえに、失う事を恐れ、闇に支配されてしまう人間。それを救うのも人間の愛。
ホントに深い映画ですよね。

いきなり、熱く長々と語ってしまいました。失礼しました^^;

くるぶし
2008/10/06 15:19
☆くるぶしさん
はじめまして。お名前は存じ上げておりました。お越しいただき大変嬉しいです!
スターウォーズについては、私はまったくのド素人なんですが、いまになってようやく観ることとなり、想像と違って深い物語に感動しました。ファンが多いのもうなずけますね!
またぜひいらして下さい!私も伺わせていただきます!
clover
2008/10/07 09:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[Movie] どこにでも潜むダークサイド Switch Off ! /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる