節分は1年の始まり!

いまでも年中行事として残っているものには、風水的・陰陽五行論的に、きちんとした意味のあるものが多くあります。

中でも「節分」は、重要です。



さて2月3日は「節分の日」ですね。

「鬼は外 福は内」という豆まきは

「幸運は外から入ってくるものであり、不幸は家の中にたまりやすいもの」

と考える風水にとっても大事な行事です。




また風水では、1年の始まりは1月1日の元日ではなく、2月4日の立春という考え方があります。
立春は、立夏、立秋、立冬と並び、4つの季節の分かれ目。
そして、その1番最初であることから、1年の始まりとされます。

ですから、節分はいわば大晦日
鬼(邪気)を払い、身を清め、翌日から良い運気を取り込むという考え方です。




「豆をまく」のは、1年の無病息災を祈るもの。
「豆まき」では、「福は内、鬼は外!」と声をかけながら豆をまき、自分の年齢+1と同じ数だけ豆を食べると1年間病気にならないといわれています

豆を巻くことで、家の中が浄化あれるとも言いますし、
また、豆は「良い運が芽生える」とされます。



また、関西が発祥の恵方巻き
恵方を向いて、太巻きを切らずに1本丸かじりするというもの。

これは、「福を巻き込む」「その福を丸ごと取り込む」という意味があるそうです。

さて、では恵方とは
その年の、福徳を司る吉神である歳徳神 が在す方位のこと。


ちなみに、2008年の恵方は丙の方位(南南東)です 



運気アップうんぬんや、おまじないうんぬんは、別にしても、

季節の行事を生活に取り入れるって、素敵です 

毎日の暮らしが豊かで彩りあるものになります
 

ですから、みなさんも是非、「節分」取り入れてみませんか?










みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 


画像 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック