[Book] 百年の孤独  ガルシア=マルケス

「百年の孤独」
著者: ガブリエル・ガルシア=マルケス

コロンビア出身のノーベル賞作家ガルシア=マルケスの1967年に発表された代表作。
20世紀最高傑作作品の1つと評されています。

愛の欠如のなかに生きる孤独な人間の生と死、相つぐ奇想天外な事件、奇態な人々の神話的物語世界―マコンド村の創設から百年、はじめて愛によって生を授かった者が出現したとき、メルキアデスの羊皮紙の謎が解読され、ブエンディア一族の波瀾に満ちた歴史が終る。世界的ベストセラーとなった傑作長篇の改訳。ノーベル文学賞受賞。

------------------------------------------------------------

会社の同僚の方に借りて読みました。
恥ずかしながら、ガルシア=マルケスなんて知らなかった。。。

昨年年末に読んだのですが、なかなかどう記事にしてよいか・・・と
悩ませられた作品でした。





まずその本の分厚さに圧倒されます。
うわ~、久々に気合入れないと読み終えないぞ・・・と。

そして巻頭にある、相関図(家系図)にびっくり。
22人の名が・・・そして同じ名も何人か。
実際読んでみれば、かかわりのある人物を入れ、更に登場人物の数は増えます 


マコンド村を建設した、ブレンディア一族の話。
主人公という設定はありません。
百年という時の流れの中で、定点は土地であり、家でした。



物語を読むとき、たいてい誰かに感情移入したり、自己投影したりして読むことが多い私ですが、このお話は、それが不可能です。

出てくる人たちは、奇人変人ぞろいです、奇人変人にだって共感できる感情はあるだろうと思うのですが、それも難しかったですね。。。

多くの登場人物が出てきます、
そして「どこから読んでもおもしろい」といわれるほど、
多くのエピソードに満ちています。

それなのに、登場人物どうしは、ブレンディア家の人々は、

互いに理解しあえず、独創的で、孤独で・・・
読み進めると、その・・・誰もが悲しみもせず、苦しみもしないという、それぞれの孤独の中で、
やっぱり愛させることを求めているのでは?と感じます 



とっても、不可思議で現実離れしているストーリーで、
その中の誰にも共感できない・・・というお話。

それなのに、全ての人間が内包している孤独感を
悲しみや絶望といった負のイメージとはかけ離れさせた
ただそこに普通にある、誰もがもっている感情の1つとして
描かれ、読むうちにそれに慣れていく感覚。




そして、最後の最後に、豚のしっぽの生えた存在の登場で、
100年続いたブレンディア家で、初めて「愛」が表現される。

その静かなのに、「圧巻」ともいえるラストに、
なんというか・・・感動とも違う・・・、
圧倒?圧倒される ような思いでした。



感想を書き、紹介するのがとても難しい作品でしたが、
全体の「世界観」は、
「ノーベル文学賞受賞」という形を残すものに相応しいと思いました。









みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 



画像 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック