指揮者の意味

先日の日曜日に、1日はやいダンナサマの誕生日祝いを兼ねて、クラシックを聴いてきました 。

場所は、神奈川県民ホール。横浜・山下公園のまん前です。
古い建物ですし、いまどきのコンサートホールのような規模でも設備でもありませんが、あったかい家族的な空気を感じることができました。





演目はこのような感じ。
有名なものが多かったので、とってもとっつきやすく、あまり詳しくはない私でも十分に楽しめるものでした。

第一部
■ベートーヴェン:交響曲第5番〈運命〉から第1楽章
■モーツァルト:〈アイネ・クライネ・ナハトムジーク〉から第1楽章
■マスネ:タイスの瞑想曲
■チャイコフスキー:バレエ〈くるみ割り人形〉から花のワルツ
第二部
■ワーグナー:〈ニュルンベルクのマイスタージンガー〉から前奏曲
■サン=サーンス:白鳥
■マスカーニ:〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉間奏曲
■J.シュトラウスⅡ:美しく青きドナウ
■ドヴォルザーク:交響曲第9番〈新世界から〉から第4楽章

指揮:飯森 範親
ナレーション:増山江威子
ナレーション:永井  一郎
読売日本交響楽団



もともとは、ダンナサマが好きな「新世界」を聞きたいという目的で、演目から探した演奏会でした 
それが、こんなに多くの演目が入っていたことは当日、会場で知って、嬉しい誤算 

当日は、作曲家や作品のちょっとしたエピソードが聞けたのもよかったです。

そして、そのナレーションを担った声優さんが、男性はガンダムのナレーション、ゲゲゲの・・・で有名な永井  一郎 さん。女性は、ルパンの峰不二子や天才バカボンのママで有名な増山江威子さん 
どこかで聞いた声だ・・・と思いつつ、親しみがあって本当によかったです 

作品自体も、ちょっとしたエピソードを知って聞くと、また感じ方が違ってきますね
ただのクラシックが、作者がどういう時期に書いたものなのか、どんな時代背景があったのか。。。を知ると、ぐっと身近なものになりました。




また、私は今回、生れて初めて「指揮者の意味」みたいなものを実感することが出来ました。

・・・といっても、なにをどう感じた。と明確な言葉にできるようなものはないのですが、これまでクラシックを聴きに行く度、

「指揮者がいなくても演奏はできるよね・・・

と、その存在に意味を見出せなかったのですが、今回の指揮者の方を見て、急に

「あ、指揮者って大事な仕事をしているんだ・・・と感じたのでした。

なぜ今回そう感じることができたのか、いまもって自分自身考え至っていないのですが、なにかが明確に違う(いままでと)と感じることができました。

飯森範親 公式ホームページ



そんなこともあって、演奏だけでなく、会場の雰囲気、指揮者の力量、エピソードなど、とっても贅沢で、豊かな時間を過ごせたと思っています。


もともと、この手のお出かけは大好きな二人。
しばらくご無沙汰でしたが、これをきっかけにまた熱が上がりそうです 







みなさん、今日も笑顔溢れる、快適な一日を 

もうひとつのブログ「Switch On ! Golf&Lohas」
ロハスのこと、趣味のゴルフのこと、日々の徒然書いています

ホームページ「cloverのVeranda Gardening」
ベランダガーデニングのページを作りました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
↑↑ 応援クリックお願いします! ↑↑ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月08日 14:33
ご主人、お誕生日おめでとうございます♪ご夫婦でお誕生日の日が近いのですね(^^)クラシックの曲目、おなじみの良い曲目が多いですね。。アイネクライネナハトムジークは私もとても好きです。実は私の母も「誰も指揮を見ていないから、指揮者がいなくても演奏できるんじゃ・・」と言ってた事があります(笑)でも、演奏しながらちゃんと見ているのですよね。上目づかいで(笑)声優さん好きなので、永井さん、増山さんの名前を見た時は「良いなあ~」ってつぶやきました(^^)素敵な時間がすごせて良かったですね☆
clover
2007年11月09日 09:18
あは(^^♪炒りたまごさんのお母さんもそうでしたか!同士よ(笑)!でも今回はなんだか急にその意義を感じることができて、とてもよかったです。大勢のリズムを合わせたり、同じ曲でも指揮者によってテンポを変えたりということがあるのですねぇ~。
永井さん、増山さん、炒りたまごさんにはツボですよね!私もちょっとテンションあがりました。親しみのある声で、エピソードが語られたのは、本当に楽しみの中の一要因になりました(*^^)たまには、クラシックもいいものです!
2007年11月10日 21:42
だんな様の誕生日にクラシックなんていいですね。幸せ~。
私も一度じっくり聞いてみたいです。
clover
2007年11月12日 09:14
☆環ちゃんさんへ
案外、クラシックは良く聴きに行くんですよ!私は全然知識はないのですが、それでも、こういう習慣があるのはいいなぁと思います(^^♪
環ちゃんも、ぜひ!おすすできます!

この記事へのトラックバック