松坂大輔の肝っ玉



昨日、夜のニュース番組で、松坂大輔投手(レッド・ソックス)の契約までの軌跡をドキュメントスタイルで放送していました。

契約までの交渉が二転三転し、ファンがやきもきするくらい長引きましたよね。

交渉人の常套手段ということでしたが、素人目にはドキドキハラハラの毎日でした




それは、松坂くん本人もそうだったようです。




契約交渉後、単身渡米して行方を見守る中で、1度奥さんに

「このまま何も決まらないまま帰るかもしれない」

と電話したそうです。


ただ、その数時間後、

「ヨシッという掛け声とともに立ち上がり、

ショッピングへ。



購入したのは、生まれて初めて買ったという「万年筆」でした。



「これで契約書にサインできたらいいですね。」

そう笑っていました。



こういう考え方好きですねぇ。

精神的に強い人って、落ち込んだり、考え込んでいる時間的ロスっていうのを分かっているんですよね。

もちろん考えなくてはいけないこと、考えなくてはいけない時っていうのはあるんですが、

もう考えてもしょうがない。
やることはやった。

と思える瞬間を自分で作るべく、日々の努力があるということ。



これって、さりげないけど、

すごいことです








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月21日 17:51
実際・・前へ進む一歩を出すのは自分自身ですものね。。その一歩を見極める事が出来るという事は凄い事ですよね。・・私は今回松坂投手の契約騒動?を見ていて、松坂投手への印象が替わりました。普段見ているリーグも違っているという事もあって、あまりよく知らなかったのですが、一本芯がしっかりしている人なのだというのがよく分かりました。
2007年02月23日 00:11
私も彼はとても気になる存在です。前から感じていたのは奥様との関係がとっても安定していて心地よい距離感にお互いいるような気がしますね。
万年筆の話、心に響きました。自分を見つめ、自分を信じる姿・・・活躍を楽しみにしています。
clover
2007年02月26日 08:54
☆炒りたまごさんへ
本当に。プロっていうのは、技術もさることならが精神が素人とは違うのでしょうね。最近ゴルフをやるようになって、それを強く思います。
これからレッドソックスの松坂。注目ですね!
clover
2007年02月26日 08:56
☆耳すまさんへ
結婚によって飛躍する選手などみると、自分の奥様ぶりを振り返ったりしますね。ダンナサマにとって私は?って(笑)。男を支えるのは女!という図に乗りたいです。
今後の松坂くんに注目ですね!

この記事へのトラックバック

  • 桑田のデビューは“ドラマチック”=米紙

    Excerpt: 米大リーグ、パイレーツの桑田真澄が4日(現地時間)、レッズとのオープン戦で1イニングを無失点に抑える好投を見せたが、38歳の“オールドルーキー”の初登板は地元紙でも大きく取り上げられた。 ピッツ.. Weblog: スーパーサイヤ人 racked: 2007-03-07 19:40