myhome report vol.8 階段

忘れた頃に、またmyhome reportかい
って感じですが、ご愛嬌。


なぜまた思い出したように書いたかというと、最近はまっている家の中で工夫するエクササイズに、この階段が活躍しているからなんですね☆

そのわが家の 階段 をご紹介します (^-^)

これまでにお話したとおり、わが家は二世帯住宅です。



1階が、ダンナサマのお父様、お母様の居住スペース。

2階が、私たち夫婦の居住スペースです。




建具の色・デザインは、1・2階それぞれに決めましたので、

当然フローリングの色も違います




お父様、お母様のスペースのフローリングは、濃いブラウン

私たち夫婦のスペースのフローリングは、殆ど白に近い色





そこで、階段にはひと工夫(ハウスメーカーさんの提案があったのですが)しました!






階段の縦になる板は、1階のフローリング色。

階段の横になる板は、2階のフローリング色。





どうして、こうしたか・・・

写真を見れば、一目瞭然ですよ(^^)v




さて、実際に見てください(^O^)/!
 









これは、玄関から入って、2階へ上がろうと
階段を見上げる位置です。


自分が立っている位置のフローリングと

色の差がないので、違和感を感じません。


画像










逆に、こちらは、2階から1階へ降りようと
階段を見下ろす位置です。



2階のフローリングと

階段の目に見える部分の色に差がありません。


画像






歩を進めるにしたがって、自然とそれぞれのフローリングの色に なじむ ようになっているのでした(^^♪


いかがですか?
ちょっとしたことですが、ハウスメーカーさんにアイデアを聞いたときは、

「なるほど~」 と

唸ったものです(^-^)







そして最初にお話した、家の中でのエクササイズ!
この階段も利用し始めています。
踏み台昇降のように、この階段をつかってエクササイズ

二段つかって、「1♪ ・ 2♪ ・ 1♪ ・ 2♪」と上り下り。

太もも、腹筋、背筋に効きます!左右1回として50回もやると結構バテバテです。

これ、お金も掛からずどこかに出掛けることもなく、お手軽にできるエクササイズですよね。

ダンナサマのアイデアです(*^_^*)






「ブログ村」のランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月14日 22:53
こんばんはv
凄いです!上から下を見たときのが特に「おお~」ってなりました。
私の家はかなり急な階段なので、普通に上り下りだけでしんどくなります。うちはcloverさんのようなおしゃれな階段ではないので、上り下り以外は使いません。活用したら、良い運動になるんだろうな…
2006年12月16日 14:09
こんにちは。
確かに唸るアイデアですね。素晴らしい。
こういうところにも気配りしてくれるのですね。
1Fと2Fを別のフローリングにするというcloverさんのアイデアから生まれたのでしょうからすごいです。
環境配慮型エクササイズですね。
そうそう。エコプロダクツ行ってきました。早速先日の合格シールを使ってみました。東京商工会議所さんエリアで出展している知り合いがいたものですから。
clover
2006年12月26日 09:41
☆あや芽ちゃんへ
是非運動をしましょう♪頭を快活に回すにも体力の向上は必須です。最近本当にそう感じるの。燃焼率や循環が悪い体で頭だけ動かそうと思ってもダメなのね。両輪なんですよ、きっと!若いうちからやっておくと楽だよ~。
clover
2006年12月26日 09:48
☆環ちゃんさんへ
お返事遅くなりました。エコプロ行ったのですね。うやらましい!私は来年こそは絶対に行きたいです!シールもまだ1枚も使っていませよ~(~_~;)
1・2Fのフローリングの違いは、特に私のアイデアというわけではなく、2つの世帯がそれぞれ好きな色を選んだ結果です(笑)
チビマロン
2007年05月26日 15:38
こんにちは~

いきなりですが、床材はどこのメーカーですか?
うちは、ト○テムなんです。
色目がよく似てるので。

床材の色にすごく迷って、直前に変更して一番薄い色にしてもらったんです。
月曜には貼付られると思うんですが、果たして成功だったか失敗だったか・・・。
お楽しみです!!

この記事へのトラックバック