ステッカー

最近、車の後ろに様々なステッカーを見ますよね?

子宮がん撲滅を祈った「ピンクリボン」に代表される、リボンシリーズとかは本当に多いですよね。



中でも環境問題に関わるものも増えてきました。

運送会社のトラックなどは、
「エコドライブ実践中」
「アイドリングストップ」
「法廷速度を守ります」

なんていうステッカーを良く見ますね。




私も去年の引越し後、自分専用の通勤者を手に入れ(エコ的には4人家族4台は由々しき問題ですが・・・)、なにかステッカーでも貼って飾りたいなぁと考えていました。

でも、なかなか「これだ!」っていうのが見つからないまま。



そんな折、勤めている会社で、最近の時事を受けて車通勤の社員に、手作りの広告配布がありました。

「ストップ飲酒運転!」と大きく書かれたチラシを社員への啓蒙活動として配布。
飲酒の引き起こす影響なども裏面に書かれていました。



それを見たとき、「ピン!」ときました。


そっか!自分で作ればいいんだ!
どうせやるなら、誰かの「気づき」になることをしよう!
このblogでもよく書くことと同じです。




訴えたかったのは、やはり最近増えている「飲酒運転」と、熱心になってきた「エコ活動」


これを車の後ろに取り付けました。


画像


最初に作ったのがこれです。
ちょっと大きすぎたかな?とか大げさかな?とためらいが出てしまって、少し小さめに作り変えました↓ 




画像


現在はこれ。
小さめに3種類作って貼り付けています 。



UVカットのスモークが入っているので、夜間だとあまり見えません(@_@)。
でも、控えめな感じで、まずはこれでいいかな?と思います 



もしかしたら誰かの何らかの行動が、これで変わるかもしれない。


そんな控えめな望みをかけて(笑)、実行してみました。

思い立ったら即行動!最近の私の信条になりつつあります。




直接声をかけて呼びかけるのは、更に大きな勇気と行動力がいりますが、これなら気楽にできますものね!



車のステッカー。

走る広告。 走る啓蒙。

そんな使い方も、控えめなら、使いようによっては、なにかのパワーを生み出します。




飲酒運転が頻発している県では、自治体で車用のステッカーの作成・配布が相次いでいるともいいます。



自分の信じることを、公に訴えてみるいい機会かもしれません。






「地球環境について」お勉強しませんか?
「Switch On ! LOHAS」へ♪

画像


goo




「ブログ村」のランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月27日 23:04
お久しぶりです。
素晴らしいステッカーですね。僕は何かを貼ろうと思ったものの実行できていない小心者です(^_^;)
でも、ステッカーは付けていないですが、暖房も付けずに18km/Lを維持できるように通勤快速の愛車Vitz号でエコドライブを頑張ってます(^_^)v
Save the earth!
2006年11月28日 00:42
ステッカーってなかなかセンスの良いものが見つからなくて、私も飲酒運転撲滅に協力したいし、北海道は追い越し車線が無い道も多くてあおられたりするので、お先にどうぞのステッカーでも作ってみたいな(o^v^o)
北海道のお土産で、熊出没注意のステッカーがあります。熊の怖い顔なんですが、同じ絵で妻が乗ってます、ってヤツがあって、友達に買おうか悩んだけど怒られそうなのでやめましたけどね(^^;
clover
2006年11月29日 09:38
☆Davidさんへ
ありがとうございます!わりと後先考えず、思い立つとすぐにやり始めてしまうんです・・・それで最初の大きすぎるステッカーのような失敗もするんですけど(~_~;
18Km/Lってすごいですね!私はキャロルという軽自動車ですが(暖房はほとんどつけていません)、13~14Km/L位です。まだまだ改善の余地がありそうですねぇ~。ちょっと考えて見ます(^^♪。今度エコドライブの極意教えてください!
clover
2006年11月29日 09:40
☆りぽさんへ
こんにちわ。
北海道は、独特のステッカーが多そうですよね。どんなものがあるか見て回りたいです(笑)。熊のステッカーは迫力ありそうですね!・・・妻は・・・いやだなぁ。お友達に買わなくて正解だったかも(~_~;)やっぱり怒られそうですよ。
りぽさん、センス良さそうだから、なにか作ってみてはいかがですか?

この記事へのトラックバック