ハンデって?

「ゴルフでよく聞くハンデって何だろ?」

「いやね~、そりゃハンディキャップってことは分かるけど、これ、誰が決めるの?自己申告?決め方ってあるの?」


\(゜ロ\)(/ロ゜)/ \(゜ロ\)(/ロ゜)/ \(゜ロ\)(/ロ゜)/


あは・・・(~_~;)

私のゴルフの知識は、こんなものなんですねぇ・・・。

テレビを見て、状況が分かって、楽しむくらいには理解しているつもりですが。。。

たとえば、
規定打数 (パー) を
1打下回ればバーティー
2打下回ればはイーグル
逆に、
1打上回った場合がボギー
2打はダブルボギー
3打はトリプルボギーとなる。。。とか。




でも細かいことになると
サッパリお手上げ状態(+_+)




英国紳士のスポーツですから、ちゃんとルールも覚えていかないと!と早速サイトでお勉強を開始(笑)

英国紳士といえば、コースに出る時の服装なんかもルールがあるようです。

かならず襟付きのシャツでないといけないとか。肌の露出が多いものはダメとか。
ハワイなんかでやる分には、OKのようですけどね・・・。

・・・でも、最近プロの人も、襟が開襟状のものではなく、カラータイプのものとか(学ランの詰襟のような・・・)着ている人もいますよね。
どうなんでしょう?
最近は、少しゆるくなったりしているのかな?




その辺も勉強の必要がありそうです。
こんなところを見つけました
ゴルフ豆辞典へgo!





読んでも、コースに実際出てみるまではピンとこないこともありますが、これも一種のイメージトレーニングと思っています!








さて、先日やっとゴルフシューズを買いました。
FitWayというメーカーの、とても安価なものですが、まずはこれで。。。(^-^)


画像



今日は、水曜日ですが、ダンナサマに付き合って練習に行きます(いつもは金曜日)。

ダンナサマは、9月下旬(来週!)に コースへ出る 予定が入りました。
それもあって、ココのところ、ピッチを上げて調整をしています。

で、このシューズも今日がデビューです!
次の金曜日だと思っていたので、ちょっと嬉しいです。
いつも、普通のスニーカーで練習していたので、多少靴の中で足が滑っている感がありました。それで、足首は痛くなるし、足の裏の皮は剥けるしで・・・(@_@)それらが解消されるといいなぁ。






先日、「スパーン」といい感触でまっすぐボールが飛んだ後、

2日後の練習では、メタメタ(~_~;)






上手くいった後だっただけに、こんなはずじゃ・・・とよけい力が入ったんですね。

ダンナサマやゴルフ雑誌いわく、いい時とだめな時を繰り返しつつ、キレイな曲線ではなく、ジグザグに少しずつ上昇線を描く感じで、上達するもののようです。
・・・とすれば、上手くいかなかったときも、必要以上に凹まず、そんな日でも出来た部分に目を向けて、次回に気持ちを切り替えるのも大事なんだなぁ・・・と。

頭の中だけなら、冷静に考えられるんだけどなぁ~(^^ゞ


経験者の方がおっしゃるように、多少中毒症状が出てきたかもしれません(笑)。
いったん考え始めると、すぐにクラブを持ってみて、あるいわ練習場に行って、試したくなります。

・・・なので、今夜練習場にいけるのは、有難いなぁ。

よ~し!がんばるぞ!
今日の課題は・・・
引き続きスイング・アークの大きさをキープすること。
ヘッドの横移動は気にせず、大きいスイングを心がけて見ます!








「ブログ村」のランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

「人気BlogRanking」にも参加しています。
(カテゴリーは、生活・趣味(全般)、日記(主婦))
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月20日 17:07
記事を読んでいたら、
cloverさんは、そのうちに傘を持った時、
スイングの仕草をするように
なるのでは・・と想像しちゃいました(笑)「ゴルフシューズ」をこんなに間近で見たのは初めてです。裏は普通の靴とは違うのですか?
2006年09月20日 23:29
こんばんは。
元研修生の人の言葉を拝借しますと、練習を一日休んだだけで、次の練習の時、前のスイングを思い出すだけで30分は掛かるそうです。つまり、毎日、練習しないと思い出すので精一杯で、なかなか上達しないそうです。そんなこと言われても…って感じですけどね(^_^;)
旦那様にお聞きになられてると思いますが、ゴルフには基本的に9つの球筋があって、それらの球筋からスイングタイプ(ヘッドの軌道とインパクトの瞬間のヘッドの向き)が分かりますので、そこから矯正するといいと思いますよ。9つの球筋のスイングタイプを理解しておくと、メタメタになったときに何処が悪いのか、どうすればよいのか分かりますから便利ですよ。もっとも、頭では理解できても、そんなに器用に体が動いてくれないんですけどね~(^_^;)。特にコースに行くと、冷静さなんて、一人歩きして何処かに言っちゃいますから…(ってボクだけ?)。焦らずに頑張りましょう!
2006年09月21日 00:05
cloverさんの真剣な取り組みに感動!応援していますよ^^ゴルフ、私は詳しくありませんが以前より選手を取り上げたテレビ番組なども多く気になっているものの一つです。私もいつかやりたいなぁ~気持よさそう。。。
>いい時とだめな時を繰り返しつつ、キレイな曲線ではなく、ジグザグに少しずつ上昇線を描く感じで、上達するもののようです
この言葉いろいろな場面で応用できそうですね。心の隅にメモしました(^_^.)
2006年09月21日 00:18
私も最初に「女性のゴルフ」と言う本を買って読みふけっていました。もちろん旦那にも教えてもらいました☆
ウェアの襟も、(学ランみたいなの?)3cm以上あればいいみたいです。私はそっちのほうがなんだかかっこよくて好きです(^-^)
ゴルフ始めて3年ですが、やってよかったな~って思います('-^*)ゴルフやっていなかったら今何やってただろう?って思います。もちろん他にも面白いものは色々ありますが、それほどゴルフにはまっているんでしょうね~。TV見ていてもCMになればクラブ振っています(^O^;)
スイングにシューズってとても重要ですよね。特にサイズが大きすぎたり(縦幅だけでなく、横幅も・・・)グリップ力が落ちているものはNGですね☆シューズだけで飛距離も変わるらしいですよ。
clover
2006年09月22日 09:28
☆炒りたまごさんへ
あは、本当ですね。昔は遠めに見ていた「駅のホームで傘振るサラリーマン」が、なんだか身近な人に感じます(笑)。
ゴルフシューズの裏は、野球のスパイクのように、刃がついています。ただ私の買ったものは安価なのでプラスチック製の刃で、もっといいものになると金具の刃がついて、本体も本皮だったりします。
大分足のすべりがなくなってスイングしやすくなりました。今度は、この「滑らない」ことに慣れなくてはいけないようです・・・(^^ゞ
clover
2006年09月22日 09:30
☆Davidさんへ
9つの球種とスイングタイプですか・・・私には別の星の話のように聞こえます。まだ1種類でアップアップなのに!
でも研修生の人も思い出すのにそんなにかかるんだ!というのは、私の肩の力を抜いてくれます。ありがとうございます。
逆に言えば、この「思い出しの作業時間」を短くするようにがんばれば、素人でもなかなかいい位置までいける人になり得るのかもしれませんね!
clover
2006年09月22日 09:33
☆耳すまさんへ
本当にジグザグの道を上昇するのは、全てのものへ通じると思いました。元来「堪え性」のない人間だったので、それごと教わっている気がします。ともかく投げ出さないこと。継続を力に変えること。これが一番大事かもしれません。
投げ出したら終わりですものね!
耳すまさんもいつかゴルフ挑戦してみてください。思うに、続けられる年代幅も広いですし、力というよりは体の使い方なので、いつからでもはじめられる気がします。
最近はゴルフを中心に、体のゆがみやバランス、筋肉の使い方も考えるようになり、体全体の健康度UPにも役立ちそうに感じます。おすすめできますよ、ゴルフ♪
clover
2006年09月22日 09:36
私もゴルフを中心に、より色々なことを考えるようになりました。でもうさこさんほどはまだまだのめり込みが足りないかな?ほかにも考えることが一杯。一度頭の中を整理しないと、どれも中途半端になりそうです。
一日中ゴルフだらけというのは、私には辛いので、タイミングをみてはまっていきたいです。
ウエアの襟!私も詰襟タイプのほうが格好良いと思います!ウッズも藍ちゃんもそうですよね!あの方が、スポーツマンらしいというかスタイリッシュな気がします。

この記事へのトラックバック